今年も豪雨よる被害

昨年平成30年7月、私たちの住む広島県福山市は豪雨に見舞われ大きな被害を出しました。今まで災害に無縁だったこの地域では、改めて自然災害の恐ろしさを実感させられました。

豪雨翌日の私たちの住む街

異常気象のせい?

地球温暖化による異常気象だとも言われますが、ここ数年の雨の降り方は年を追うごとに激しさを増しています。
今年は、九州や関東で豪雨があり甚大な被害に見舞われました。
もう異常という言葉で済ませてはいられないですね。

来年はどこ?

来年は今年同様、いや今年以上の豪雨があるのでは。
日本のどのエリアに降るかはわかりませんが・・・
自分の住む街にも豪雨が降るかもしれないという前提の準備が必要となっています。

私たちにできること

私たちにできることは、豪雨が来た時の備えと迅速な避難です。
特に、内水浸水が心配される地域では、止水板などで建物内への浸水を防ぐための準備が必要です。
店舗や会社では、止水板が有効です。
入り口で防ぐことで、建物内の機械類や備品を守る。そして、浸水後の後片づけからも解放される。
お住まいの住宅、特に床下通気口があるお宅では、通気口を塞ぐことで床下浸水を防ぎましょう。
また、下水道からの逆流によるお風呂やトイレの水の吹き出し防止には、逆流防止弁などが有効です。

河川が越水・氾濫の恐れの場合は、躊躇せず一刻も早く避難しましょう。

特別なことではなくなっているのです

先日、昨年7月の豪雨で浸水の被害のあったお店の担当の方とお話ししました。
「去年は特別だから、もう浸水はないでしょう。」とおっしゃっていました。
それで対策もせず、また被災したらどう言うのでしょうね。
何も起きなければ、それでいいんです。
万が一の場合には、取り返しがつかないことになるかも知れませんから。
異常が通常になっていることに気が付いてほしいですね。